読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取りあえずセックス観とか恋愛観かいてく

最近の?女性のセックス観をつらつら書いてくだけのブログ

女が理屈っぽいのは恐い

久し振りの異動で教えられる立場になり、女性の先輩から教えられるというものは、こういうものかと思う。

うちの職場は女性が強く、しかも論理的で仕事に燃えてる人が多い。

論理的なのはとってもいいことなのだが、隙がないと疲れてくる。

彼女の理論に少しでも「でも、それではあまりに取引先が手間が多くて大変ですよ」と言っても、「仕事なんだから、変更の度に報告するのは当然であり、それは大小問わない。大小は決められないでしょ」と言われると確かにその通りなのだが、取引先の事務は煩雑になり、適当になり、結果、報告書を直してるのは私たちなのである。

間違ってない。 間違ってはないが、疲れる。

自分が彼女たちの子供だったら、萎縮して育っただろうなと思う。

人は理屈で納得するときもあるが、感情的なものも大いに混じることがあると思う。

例え頭では納得してたとしても、反感を持ってしまえばそれがたまってうらみつらみにもなる。

ふと自分も先日まで後輩を論破してなかったか、振り返ってみて、反省するところがあった。

昔、男性の先輩から教えられたことがある。

「人を追い詰めてはいけないよ。逃げ道を作ってあげなきゃ」

自分がされて見に染みる言葉だ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
にほんブログ村